在来工法(浴室)のメリット

在来工法(浴室)のメリットですが、壁をタイルで造作していくプランであれば、内容によりかなりグレードの高い浴室となり、豪華さは表現できます。

大きなタイルを使用すると豪華さを増し、部分的にモザイクタイルで装飾をするのも良いでしょう。

タイルの張り方は自由にできるので、世界に同じ浴室は無い、というたった一つの浴室が出来上がり個性も出せます。

また、天然石を張ってしまう浴室もあります。

温泉のようなイメージにすることもでき、天然石はタイルより、さらに豪華な仕様になります。

浴槽に関しましてですが、人造大理石の浴槽が主流になってますが、バスタブで気に入った商品があれば、サイズさえ問題なければ取り入れることもできます。

憧れの檜風呂を設置することもできます。

在来浴室の今までの欠点は寒さでしたが、これからの在来浴室は寒さ対策も対応できます。

浴室換気乾燥暖房機を設置することも可能ですし、洗い場に床暖房を設置することもできます。

もうひとつの欠点として安全対策ですが、浴室入り口の段差はバリアフリーにすることは基本的に可能です。

浴槽に関しましては、跨ぎやすくなっており、出入りは今までの浴槽に比べラクになっております。

壁面には手すりを設置することもでき、浴室内の移動も安心です。

シャワー金具も最新式を取り付けることができます。

タイル目地に関して、カビの発生を心配する方もいらっしゃると思いますが、現在のタイル目地は水分を弾くタイプになっており、汚れが付着しにくくなっております。

水分を弾く、ということはカビの発生を抑えられる、ということです。

それでもタイル目地のカビが心配な方は、浴室パネルという商品がありますのでお勧めです。

浴室パネルというのは、キッチンパネルのようなもので、浴室用のパネルというものがあります。

1枚が大きなサイズですので、パネルとパネルの継ぎ目も少なく、目地は有りませんのでカビの発生による心配事は大幅に軽減されます。

表面がつるつるなので清掃性も良いのが特徴で、カラーも何種類かあるので、イメージにあうパネルをお選びいただけます。

在来工法浴室の最大のメリットは、基本的に自由に思った通りに浴室が出来上がることです。

限られた空間内に好きなタイルや浴槽を入れて、職人さんがひとつひとつ造っていく、これが在来工法の醍醐味です。

浴室の完成が待ち遠しいものです。

お問合せはこちら

浴室リフォーム館にお越しいただき、ありがとうございます。
当浴室リフォーム館では、お風呂に関わる様々なお困りごとにもご対応させて頂くべく、浴室リフォームはもとよりリフォームの大ベテランが対応させて頂くお風呂浴室専門サイトとなっております。もし何か浴室の工事の事でお困りであれば当店までお問合せ・ご相談はお電話またはメールにてご連絡頂ければと思います。

浴室リフォーム専属スタッフが担当致します。一戸建て、マンションの浴室リフォームに関することを
お気軽にお問合せください

よくあるご質問
  • タイル貼りのお風呂からユニットバスにしたら高いですか?
  • 結局費用はいくらかかるの?
  • サービスについて詳しく聞きたいのですが・・・

どのようなお悩みのご相談でも結構です。
あなたさまからのご相談をお待ちしております。

お問合せ・ご相談はお電話・メールにて受け付けております。

メールの場合は以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信する」ボタンをクリックをお願いします。

必須

(例:風呂 太郎)

必須

(例:tarou@yokushitsu.jp)

必須

(例:03-5615-2826)

(例:東京都荒川区西日暮里)

必須

※できるだけ具体的にお知らせくださいませ。

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

入力が上手くいかない場合は、上記内容をご確認のうえ、メールにてご連絡ください。

お電話でのお問合せはこちら

0120-246-991

営業時間:9:00~18:00(土日祝日を除く)

自社リフォームサービス関連サイト

一流メーカー水周り商品全国卸値価格

中古マンションリノベーション決定版

中古マンション一新お値打ちリフォーム

中古一戸建てをまるごと改装リフォーム

木造一戸建てスケルトンリフォーム専門

高品質なのに低価格で外壁塗装する

大地震に備えて地震対策する制震工法

防音防虫防火、耐熱、結露に強い断熱材

お問合せはこちら

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

詳細はこちらへ
詳細はこちらへ
詳細はこちらへ